ホーム>膝痛

膝痛

 

下記のチェックポイントのうち4つ以上該当する方はリウマチの可能性がありますので、専門の病院で診察を受けてください。

  • 朝、手のこわばりが1時間以上続く
  • 三箇所の関節に腫れがある
  • 手の関節に腫れがある
  • 左右対称な場所の関節に腫れがある
  • 手のX線写真で異常がある
  • 皮下結節がある
  • 血液検査でリウマチ反応が陽性である

膝痛施術の流れ

【1】膝のどの部分に障害が起きているのか?手で丁寧に探していきます

【2】動きによっての変化なども診ていきます

【3】膝の関節の動きが良くなる施術を行って参ります。

【4】膝の関節液が潤滑されるような運動療法も加えて行ったりします。

【5】大きく痛みが強く出ない程度に動かします。

【6】痛みが出た時には遠慮なくおっしゃってください。無理やり行うようなことは致しません。

【7】関節の動きがスムーズになるようなテーピングを施したりもします。

【8】状態によっては、テーピングをするだけでも痛みが劇的に改善する場合もあります。

【9】テーピングをしたままお風呂に入っていただいても大丈夫です。 稀にテープにかぶれて、かゆみが出る方がいらっしゃいますが、 そうなったらゆっくり皮膚を傷つけないようにテープを剥がして下さい。

【10】状態や症状によって、様々なパターンでのテーピング方法があります。

当グループ院では、骨格の矯正や関節の位置・動きを良くしたり、荷重のバランスを整えたり、 鍼灸治療・JRC整体などを使って膝痛を改善していきます。

 
 
あおやま鍼灸整骨院グループ 2003 All right reserved.